愛媛の中心でテキトーに叫ぶ

愛媛県に住んでいる男がふと思ったことを適当につぶやく。
画像(写真)・動画(YOUTUBE)・チラシ・ポイント・観光・資格取得・過去問・懸賞・効果・方法・口コミ・割引・無料・グッズなど。
シャーペンの芯を買い間違えたが・・・
シャーペンの芯を買い間違えたが・・・


シャーペンの替え芯 0.9mm


上の写真は、
100円ショップダイソーで買った
シャーペンの替え芯。


仕事でシャーペンを使っていて、
替え芯が必要なので、ダイソーに買いに行ったのだが、

字を書くことができるのなら、
どれでも良いと思って、
テキトーに手に取り、レジに向かってしまった。


写真を見ると、
シャーペンの芯の硬さはHBで、
規格が0.9×60mmとなっている。


芯の直径が0.9mmもある。



現在、
日本で一般的に使われているシャーペンは、
直径0.5mmの芯を使用するものが多い。


そして、
俺が普段使っているシャーペンは、
すべて0.5mmの芯を使う仕様になっている。


当然、この0.9mmの替え芯は、
0.5mmの芯を使うシャーペンでは使えない。

 

こうなったら、
0.9mmのシャーペンの芯を紙の上に横に置き、
転がして、0.5mmの太さになるまで削ろうかと思ったが、

あまりにも面倒くさそうで、
価値と労力のバランス取れていない感じがして、
やらなかった。

 

無駄な買い物になってしまったか?。


買う前にキチンと確認していないと、
こういうことになる。

反省。

 


俺は、
0.9mmの芯を使うシャーペンにはあまり馴染みがないが、
昔はこの芯の太さが一般的だった。



30年位前は、
シャーペンの構造が回転式で技術的な問題もあって、
芯を0.9mm以下に細くすることができなかった。

現在は、
ノック式になるなど、技術が進歩して、
芯を0.2mmまで細くできるようになった。



ちなみに、回転式というのは、
シャーペンの端にある部品を回して芯を出す方式で、

ノック式は、
シャーペンの端にある部品を押すと芯が出る方式。


今は、ノック式のシャーペンが一般的。

 

他に、
ノック不要で自動的に芯が出てくる方式や、
シャーペンを持ったまま手を振ると芯が出てくる方式もある。


ゼブラ株式会社から発売されているフリシャオートマチック
というシャーペンは、自動的に芯が出るうえに、
振っても芯が出るようになっている。

価格は、210円で思ったより安い。

 

閑話休題。

 


俺は、筆圧が強いせいか、
普段使っている0.5mmのシャーペンの芯をよく折ってしまう。


なので、
0.2mmの細い芯を使うシャーペンだと、
かなり悲惨なことになりそうだ。

 

そう考えると、
0.9mmの芯の方が太い分、
折れにくいのではないかと思った。


もしかして、
0.5mmの芯より使い勝手が良く、
書きやすいかもしれない、
と思った。


試しに、
0.9mm芯のシャーペンを買ってみようかな。


無駄な買い物を2つ重ねてしまうのか、
それとも、買い間違いが怪我の功名となるか。


楽しみなところだ。



JUGEMテーマ:文房具・ステーショナリー


     スポンサード リンク
| 文房具 | 00:44 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
ラーフルとは黒板消しのこと
ラーフルとは黒板消しのこと



ラーフルというのは、
黒板消しのことをいう。


だが、
このラーフルという呼び名は、

主に、
鹿児島・宮崎・大分
愛媛・岡山・鳥取・兵庫で、

使われているようで、
他県では、一般的な呼び名ではないようだ。


登録商標でもないので、
方言のようなものだと、
考えていいだろう。



俺が、学生の頃は、
周りのほとんどの人が、
ラーフルと呼んでいた。


なので、
俺も自然に、
黒板消しのことをラーフルと、
呼ぶようになった。




http://www.osumi.or.jp/sakata/hougen/raful.htm

上のサイトに、
ラーフルのことが、
詳しく解説されている。



それによると、

株式会社内田洋行と、
日本理化学工業株式会社は、

黒板消しを、
ラーフルという商品名で、
販売しているようだ。



ラーフルという呼び名は、
1881年の頃から、
使われているらしい。


俺は、ラーフルは、
戦後位から使われている言葉
という感触を持っていたので、

明治時代から呼ばれている、
というのを知った時、
意外な感じに思えた。


トリビアの泉の「へぇボタン」を、
16回ほど、押したい気持ちになった。

16へぇというのは、
満へぇではないが、けっこう感銘した、
というのを、表している。
(1あたりの持ちへぇである20へぇを、
満へぇとして考えている。)


ラーフルの語源は、
諸説色々あるようだが、


オランダ語で、

こすること、解きほぐすこと、
ほつれ糸、もつれさせること、紛糾

という意味の
”rafel”という語が、
最も有力であるらしい。




     スポンサード リンク
| 文房具 | 23:56 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |


(C) 2007-2012 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ Some Rights Reserved.

track feed 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ SPONSORED LINK

+ SITESEARCH GOOGLE
Google

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
Links
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ