愛媛の中心でテキトーに叫ぶ

愛媛県に住んでいる男がふと思ったことを適当につぶやく。
画像(写真)・動画(YOUTUBE)・チラシ・ポイント・観光・資格取得・過去問・懸賞・効果・方法・口コミ・割引・無料・グッズなど。
<< ラーメンの汁を全部飲んでみた | main | メンタルブロックについて >>
住民税の納め方
住民税の納め方



副業についてで、書いているように、
俺は、会社から給料をもらうという方法以外で、
人生の中で収入を得る予定でいる。


なので、今、会社で働きながら、
収入を得る仕組みを作っている。


という訳で、
俺は、副業をしている。


もし、その副業の総所得が、
年間20万円を超える場合、
確定申告をして、
税金を納めないといけない。


その時、
住民税の納め方に、
注意を払う必要がある。



住民税の納め方には、
2種類の方法がある。


普通徴収 自分で、住民税を各市町村に納める。

特別徴収 会社が、本人の代わりに、
       給料の中から住民税を納める。



会社員の場合、
特別徴収になっている。


なので、副業をして、
20万円を超える収入があった場合、
特別徴収にしていると、
住民税が多くなり、会社に副業をしているのが、
バレる可能性がある。


そこで、
確定申告をする時は、
少々の工夫が、必要になってくる。


確定申告書の
住民税・事業税に関する事項

給与所得以外の住民税の徴収方法の選択
という項目で、住民税の納め方は、
下のように、選択できるようになっている。


□ 給与から差引き
  (特別徴収)

□ 自分で納付
  (普通徴収)


そこで、”自分で納付”に、
チェックを入れると、
副業で稼いだ分の住民税が、
会社の給料から、引かれることはなく、
自分で、住民税を納めることができる。


しかし、
何も選択しないと、
特別徴収という扱いになって、
給料から天引きされるので、
会社に副業をしているのが、
バレてしまうかもしれない。



という訳で、
副業して、20万以上収入があり、
確定申告する場合、
会社に副業をしているのが、
バレたくない人は、
”自分で納付”にチェックするのを、
忘れないようにしないといけない。


JUGEMテーマ:税金と確定申告


     スポンサード リンク
| 税金 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://tekitubu.jugem.jp/trackback/211


(C) 2007-2012 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ Some Rights Reserved.

track feed 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ SPONSORED LINK

+ SITESEARCH GOOGLE
Google

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
Links
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ