愛媛の中心でテキトーに叫ぶ

愛媛県に住んでいる男がふと思ったことを適当につぶやく。
画像(写真)・動画(YOUTUBE)・チラシ・ポイント・観光・資格取得・過去問・懸賞・効果・方法・口コミ・割引・無料・グッズなど。
<< タッチでウノーが復活 | main | 車のドアの鍵を開けるには、鍵はどちらに回るのがいいか? >>
あかぎれについて
あかぎれについて



俺は、毎年、冬になると、
手の甲に、あかぎれと思われるような肌荒れがおこる。

ひどくなると血が出ることもある。


左手の甲は、右手の甲に比べて、それほど荒れない。

俺は、右利きなので右手を良く使う為、
そうなっているのだろうと予想している。


ハンドクリームなどを塗れば、あかぎれのような肌荒れを防げるとは思うのだが、
毎年、面倒くさくて放置して、あかぎれになるという事を繰り返している。


ところが今年、普通1月にもなれば、
毎年、俺の手の甲が荒れてきているはずなのだが、
今年はまったく荒れていない。

あかぎれのわずかな兆候すら無い。


ならば、今年は良いのではないか、と思ったら、そうはいかない。



なぜか、今年は手の平がものすごく荒れている。
特に右手の手のひらは、ひび割れて、血が出てきている箇所もある。


今の仕事についてから4年位経つが、手の平がここまで荒れたのは、初めてだ。

今までも、少しは手の平は荒れていたが、血が出るほどではなかった。


この手の平の荒れ方は、あかぎれという感じじゃなくて、
乾燥してひび割れているという感じに見える。

手の甲が少々荒れた位であれば、それほど気にしないが、
手の平が荒れていると、何か物をつかんだ時に、
傷口が痛むので、何もせずに放置する、という訳にはいかない。

なので、
ドライスキンから手の切れ、ひび割れにも効く
と銘打っている、新メディナースHPというクリームを手の平に塗ってみた。

だが、このクリームを塗っても、すぐに手の平がカサカサしてくる。

なんか気休めみたいで、あまり効いているようには見えない。


今年は、まだあかぎれになってはいないが、
もしこの状態の上に、手の甲があかぎれにもなったとしたら、
かなりきついものがある。


まったく肌が荒れていない状態になるのが、
一番いいのは、当然だが、
せめて、あかぎれになる代わりに、手の平が荒れているという、
この状態のままで、冬を越せるようにと、願っている。



     スポンサード リンク
| 健康 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://tekitubu.jugem.jp/trackback/81


(C) 2007-2012 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ Some Rights Reserved.

track feed 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ SPONSORED LINK

+ SITESEARCH GOOGLE
Google

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
Links
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ