愛媛の中心でテキトーに叫ぶ

愛媛県に住んでいる男がふと思ったことを適当につぶやく。
画像(写真)・動画(YOUTUBE)・チラシ・ポイント・観光・資格取得・過去問・懸賞・効果・方法・口コミ・割引・無料・グッズなど。
<< 原付の廃車手続き | main | 市税の納付月と白目 >>
市税と日本の総人口

市税と日本の総人口


市税は何に使われているの?



上の画像は、
松山市税のQ&Aのリーフレットに掲載されている
市民税の使い道の説明部分。



松山市税のQ&A


市税は何に使われているの?


市税1万円納めた場合。


 民生費                          4260円
 (お年寄りや障害のある人、
 子育てなどを支えるために)



 土木費                          1080円
 (道路や公園などを整備するために)



 公債費
 (国などから借りたお金を返すために) 1080円



 総務費
 (職員の給料や選挙、
 財産の管理などに)               1050円



 教育費                            950円 
 (学校を整備したり、
  文化などを盛んにするために)



 衛生費                          810円
 (病気を防いだり、
  ゴミ処理や環境を守るために)



 消防費                                        300円



 商工費                                        240円



 農林水産費                                  150円



 議会費                                          50円



 労働費                                          20円


  
 その他                           10円



平成22年度 当初予算より



以上の市税とは別に、愛媛県では、
森林環境税という税金も徴収している。


森林環境税というのは、
森林環境を保全するために徴収する税金で、
平成17年4月に創設された。



当初は、
個人で年額500円を徴収していたが、


森林は、
地球温暖化防止のための
二酸化炭素吸収源として考えられたため、
平成22年から、年額700円に引き上げられた。


 


「市税は何に使われているの?」を見てみると、
民生費の割合が高く、全体の4割を占めている。



高齢化が進んでいるので、
高齢者福祉の割合が高くなっているのだろう。



今後、高齢者が増え、
税金を納める若年世代が減ってくるので、


高齢者福祉にかかる費用を
どこから捻出するのかが、
課題となっている。


 


さらに、
今後、総人口自体が減る、
という問題がある。



一応、
今の所、総人口は増えている。



2010年10月1日に実施した
平成22年の国勢調査によると、
日本の総人口は、1億2805万6026人だったようで、


2005年に実施した
平成17年の国勢調査によると、
日本の総人口は、1億2776万7994人だった。



という訳で、
前回調査から、微増ながら、
28万8032人ほど増えている。



平成22年国勢調査 人口速報集計結果
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/jinsoku/pdf/jinsoku.pdf


 


しかし、高齢者が増え、
若年者が減っているので、


近い将来、総人口がピークを迎えるのは、
容易に想像できる。



西暦3000年には、
日本の総人口は29人になる、
という予想も出ている。



この29人というのは、
現在の人口の変動率から計算した予想値なので、
実際にこの通りにはいかないと思うが、

人口が減っていくのは、
ほぼ間違いないだろう。


俺は、今後、

外国の若年者を多数、受け入れることで、
高齢者福祉にかかる費用を補う、


という方法が、
いずれとられるのではないかと思っている。


【送料無料】世界人口高齢化統計



JUGEMテーマ:年金/財政


人口増加率、
最低0.2% 世帯平均最少の2・46人 国勢調査



     スポンサード リンク
| 税金 | 12:29 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
目の付け所が細かいですね。いつも感心しながら読んでます。うちは近くに原発があるので”電源立地法”に基づき電気代が少しだけ楽になります。
税金の方は原子力関連の施設が集中しているので、法人税ががっぽり入ってくる為、自治体は比較的裕福な方です。
人口の減少は深刻ですね。私のパートナーの出身校も1学年1クラスで頑張っていたのですが、結局廃校になりました。
いずれ外国の方とお会いする機会も増えるのでしょうね。
| scrumplovers | 2011/03/09 2:48 PM |

俺が老人になる頃には、
日本で、介護護関連の仕事をする
外国人が増えるように思える。
| tata_ju | 2011/03/10 2:57 AM |

僕が愛媛県民でなくなって数年経ちますが、森林環境税というのが導入されてたとは知りませんでした。

年間700円というのは結構大きいけど、目的が目的だけに文句の言えない税金ですね。

話は昨日の軽自動車税のことに変わりますが、tata_juさんがおっしゃるように、どうやら自分で廃車手続きをしたのを忘れていただけみたいです?

通知は送られてきてないですから。

もちろん、心だけ原付に乗ってるってこともないし、その妄想に対して軽自動車税が課かってるってこともないですよ。

| フゾ | 2011/03/10 10:39 AM |

森林環境税は、
2010年に引き上げられていて、
今後も引き上げられることが予想される。
| tata_ju | 2011/03/10 1:15 PM |










http://tekitubu.jugem.jp/trackback/857


(C) 2007-2012 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ Some Rights Reserved.

track feed 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ SPONSORED LINK

+ SITESEARCH GOOGLE
Google

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
Links
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ