愛媛の中心でテキトーに叫ぶ

愛媛県に住んでいる男がふと思ったことを適当につぶやく。
画像(写真)・動画(YOUTUBE)・チラシ・ポイント・観光・資格取得・過去問・懸賞・効果・方法・口コミ・割引・無料・グッズなど。
JTB海外おみやげカタログ
JTB海外おみやげカタログ

JTB海外おみやげカタログ

上の画像は、株式会社JTB商事が発行している
ハワイ JTB海外おみやげカタログ。



JTB海外おみやげカタログというのは、


おみやげのことを気にせず、
旅行を楽しむために、
出発する前に、先に、おみやげを選んでおくためのカタログ。



カタログで選んだおみやげは、
場所と日時を指定して、送ることができるので、
帰国後、おみやげが自宅に届くように、調整すると良い。



また、
旅行に行かなくても、おみやげを注文することはできる。


 



おみやげは、
電話、FAX、郵便、インターネットといった方法で、
注文することができる。


 


梱包送料は、数に限らず全国一律で945円となっていて、
ヤマト運輸株式会社の宅急便で送られてくる。



送料が945円もかかるのがもったいない、
という考え方もあるが、
日本でおみやげを選んで、宅急便で送るメリットもある。


 


おみやげを郵送で届けてもらうメリットは、


海外の肉製品や液体物をおみやげにできる、
手荷物の重量制限を気にする必要がない、


ということが挙げられる。


 


ハムやソーセージといった肉製品は、
BSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザといった
家畜の伝染病の問題があるため、
個人が海外から日本に持ち込むことはできない。



また、ワインやジャムといった液体物に関しても、
テロ警戒のため、個人では、日本に持ち込むことはできない。



株式会社JTB商事は、海外から輸入した商品を、
色々な角度から検査しているため、おみやげの安全性は高い。


 


 


ANAのホームページの
受託手荷物(お預かりする手荷物)という所を見てみると、
荷物の個数や重さに色々と制限があることが分かる。


http://www.ana.co.jp/int/guide/baggage.html



やはり、
ファーストクラスといった最上級クラスは、
手荷物の許容量が大きい。


 


 



日本では、輸入した海外のおみやげには、
食品衛生法や酒税法といった国内法により、

一部の雑貨品を除いて、
日本語の輸入シールを貼り付けることが義務付けられている。



輸入シールには、


品名、
原材料名、
内容量、
原産国、
賞味期限、
輸入者:(株)JTB商事、


といった商品説明が、日本語で書かれている。


 



カタログから選んだおみやげを、
知人等にプレゼントする場合、
輸入シールが付いていると、日本で買ったことがバレてしまう。



日本で買ったことがばれないように、


輸入シールが付いていない商品が欲しい、
とか、
輸入シールを剥がしてから郵送して欲しい、


という意見がJTB商事に寄せられている。


 


あらかじめ日本で買っていたことが分かると、
少し手抜きに見える。



現地で、色々と選んで買ってきた、
というふうを装った方が、
おみやげに箔が付けられる。


 


 


しかし、
法律で輸入シールを貼ることが義務付けられている以上、
それは無理だろう。



日本で買ったことを、バレないようにするためには、
自分でシールを剥がす必要がある。



輸入シールは、
一応、はがれ易い糊が、使われているようなので、
剥がす手間は、それほどかからないだろう。


また、
輸入シールが貼られていない一部の雑貨品を買う、
という手もある。



ただ、一部の雑貨品というのが、
具体的に何なのかは、俺には分からない。


 



相手にプレゼントしたい物が、肉類や液体物の場合、
これらは個人では日本に持ち込めないものなので、
輸入シールを剥がす必要はなさそうだ。



JUGEMテーマ:海外ショッピング



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000034-zdn_b-sci


     スポンサード リンク
| 旅行 | 00:36 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
神戸ルミナリエに母が旅行に行った
神戸ルミナリエに母が旅行に行った



母が数人の友人と、神戸ルミナリエに日帰りの旅行に行った。


キーホルダーや携帯電話のストラップとか色々、お土産に買ってきていた。
好きなのを選んでいい、ということだったので、俺はキーホルダーを選んだ。


俺は携帯電話にストラップが付いていると、邪魔くさく感じて嫌なので、
今持っている携帯電話にはストラップを付けていない。

今まで、自分で買ったり、人から貰ったりしたストラップは、
タンス等の引き出しの中で、使われることなく深い眠りについている。

なので、この神戸ルミナリエのストラップも、タンスなどの引き出しの中で
眠ったままになることは、明らかだったので、キーホルダーを選んだ。


キーホルダーなら使う。

キーホルダーの付いていない鍵は、
何か寂しい感じがするので、鍵にはキーホルダーを付けている。

ただ、キーホルダーは持っている数が多いので、
使わずに引き出しの中に入ったままになって、忘れさられている物も多いけど。

今、神戸ルミナリエのキーホルダーは車の鍵に付いている。



俺は、神戸ルミナリエというのを名前だけしか知らなかった。

母が買ってきたその神戸ルミナリエのキーホルダーが付いていた台紙の裏に、

「「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意を込めるとともに、
神戸の街と人々に大きな感動と勇気、希望を与えるために、
1995年12月から毎年開催しています。」

と書いてあったので、おおよそのことは分かった。


神戸ルミナリエは、もともと東京で開催しようとしていたらしい。

しかし、1995年に起こった阪神・淡路大震災で災害にあった人の、
鎮魂、追悼をするという目的や、
この地震によって減ってしまった観光客を呼び戻す、
というような目的があって開催地を神戸に変えたようだ。

最近のニュースで、
「神戸ルミナリエは2年連続の赤字になっていて、
「1人100円募金」を呼びかけて、運営費を賄おうとしている。」
と報じられた。

どうも、企業からの協賛金が減ったことが、主な原因のようだ。
スポンサーが撤退しているというのは痛い。



話は少し変わって、母が神戸ルミナリエに旅行に行ったのを見て、
気付いたことがあった。


「俺が年末、東京に旅行に行く目的が見つからない。」
というようなことを「旅行について」で書いている。

ここで書いている旅行の目的が、ほとんど精神論になっていて、
行きたい場所のことを考えて無い、
ということに気が付いた。


母の場合でいうと、神戸ルミナリエに行くという目的があった、というような、
観光名所的なものが、東京に旅行に行く目的として欲しいと思っている。


東京で、どこか面白そうな場所はないか?。

これから、テキトーにネットサーフィンでもして探してみるか。


JUGEMテーマ:旅行



     スポンサード リンク
| 旅行 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


(C) 2007-2012 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ Some Rights Reserved.

track feed 愛媛の中心でテキトーに叫ぶ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ SPONSORED LINK

+ SITESEARCH GOOGLE
Google

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
Links
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ